今、美容室で電子カルテが人気の理由とその活用方法

最大6枚画像保存&手書きメモができる電子カルテ機能

Bionlyの電子カルテで、ご好評いただいてるのが『カメラ機能&手書き保存』機能です。

『電子カルテシステムの中でも、画像保存枚数が多かったから』
『カウンセリングに力を入れたかったから毎回の写真を多く残したかった』

という理由がBionly導入の決め手となった美容室が多数。

そこで、今回はこの電子カルテの画像保存&手書き機能について詳しくご紹介いたします。

電子カルテだから出来ること

  • カメラで撮った画像の保存
  • 保存した画像への手書き書き込み
  • イラストへの手書き書き込み

例えば・・・

■美容室の場合

当日の髪型や髪色を写真に撮って、そのままその日の電子カルテに保存すれば、Before&Afterが作れます。(前後左右多くのアングルが残せます)
また、カラーの色番やポイントも手書きで簡単に記録可能です。

■ネイルサロンの場合

当日の仕上がりを写真に撮って電子カルテに保存しておけば、同じデザインでもお客様毎の爪の形の違いや細かな配置、仕上がりも一目瞭然!
後日、同じデザインのリピートオーダーがあった際にも役立ちますね。

■エステサロンの場合

施術箇所のBefer&Afterの状態を電子カルテに保存しておくことで変化の追いかけがしやすくなり、より的確なアドバイス・施術へと活かすことができます。

■アイラッシュサロンの場合

当日の施術状態・仕上がりを電子カルテに保存し、その画像に手書きで長さや太さ、まつげの方向を記載すれば同じ素材でも顧客毎の仕上がりを完璧に記憶できます。

2通りの画像保存方法


Bionlyの電子カルテ機能では、画像保存・登録方法が「カメラ」と「アルバム」の2通りあります。
用途によって使い分けていただくことでより有効的に活用することができます。

■カメラ

iPad端末のメモリを使いたくない場合、Bionlyにそのまま保存できます。
Bionlyは、クラウド上に保存するためお使いの端末容量を減らすことなく多くの画像を保存できます。

■アルバム

iPad自体のカメラ機能で撮影し保存したものを、選んでBionlyに保存することができます。
後から参考画像などの追加登録操作もできるので便利です。

毎年、季節ごとにトレンドカラーやデザインが出てくる美容業界では、流行や一人一人の顧客の好みを頭の中に記憶しておくのは限界があります。
そんな時、電子カルテに画像やイメージを残すことで、これまでの傾向からお客様へのスムーズな提案や新しいチャレンジの促しがしやすくなるかもしれません。

それはいずれ、お客様の満足度アップに繋がるはず。
是非、カウンセリング強化の第一歩に活用を検討してみてはいかがでしょうか。


電子カルテ機能を含めた、全ての機能を一ヵ月間無料でお試しいただけます!
はじめての電子カルテ導入や、他社からの乗り換えを検討している美容室の方は、ぜひ実際の画面でお試しください。

一ヵ月無料トライアルはこちら