【実際POSレジってどうなの?】美容サロン向けPOSレジ『Bionly』ユーザーのリアルな声まとめ

POSレジシステムの導入や乗り換えを検討されている皆さま。美容室によって重要視される機能や使い勝手は違いますよね。しかし、実際使ってみないと分からない点もあることでしょう。いくつもあるシステムから自分にあったシステムを選ぶのは、大変な作業です。
そこで、今回は、POSレジシステムを導入または乗り換えをご検討の方の参考になるように、美容室・サロン専用のiPad顧客管理POSレジシステム Bionly(ビオンリー)について、Bionlyユーザー様にインタビューした内容をもとに、機能ごとの使い心地や感想をまとめてご紹介します。ユーザー様の言葉なので、より具体的な使い方や問題を解決した実績が見えてくるかもしれませんよ。

1.サロン独自の予約サイトをリピーター様専用に

インタビューゲスト:Black Tree 様(美容室)

Q.
「BionlyのWEB予約サイトを開設したら、すぐに10件以上の予約が入った」というお話をうかがいましたが、BionlyのWEB予約サイトを開設後にご状況はいい方向へ変わりましたか?

A.
すごく良いです。皆さんだいたい集客ポータルサイトを利用すると思うんですけど、この辺りの美容室はお客様にとって「予約が取れない」という問題があると思うんですよ。今東京以外の美容室ではコロナによって地域のお客様が増えているので予約が取れにくくなっているんです。人手不足で人もいない、でもお客様が増えてしまう。そうすると、予約サイトが一つだと“早いもの勝ち”になってしまうんですよね。
なので集客ポータルサイトはほぼ新規のお客様しか来ないから「新規の方向け」にして、BionlyのWEB予約サイトは「リピーターの方向け」というふうにハッキリ使い分けています。予約の取れやすさも工夫していますね。集客ポータルサイトの方は予約枠を制限したうえでBionlyのWEB予約サイトの方を全開であけるようにして、リピーターの方が予約を取りやすく機会損失を出さないで済むように調整しています。WEB予約サイトが2つあればそういう使い方ができるので、すごく良いなと思います。Bionlyは集客ポータルサイトと連携もしてますしね。

>>インタビュー詳細は、こちらから
>>同じ課題のサロンを見る

美容室の予約管理ならBionlyのPOSレジ

2.大型サロンは業務効率化、一人サロンは接客に集中できる

インタビューゲスト:furico natural hair life 様(美容室)

Q.
Bionlyはどのようなサロンにおすすめだと思いますか?

A.
Bionlyは総合力が高いと思いますよ。例えばレーダーチャートで表した時も全部のスコアが高いイメージ。なので使い方次第でおすすめできるサロンの幅があると思います。
例えば、大型店ならレセプショニストの業務効率が上がるし、数字もデータで見れるので使うに越したことはない。
逆に、僕みたいな一人サロンの場合は、電話が鳴らない環境を作れるのでお客様も自分に集中してくれていると感じて、顧客満足度も高くなるのでいいですよね。

>>インタビュー詳細は、こちらから
>>同じ課題のサロンを見る

3.カルテの電子化は画像保存可能なのが最大のメリット

インタビューゲスト:ROSSO 様(美容室)

Q.
Bionlyを使ってみて、良かった機能を教えてください。

A.
良いのはやっぱりカルテですね。アナログで管理していた頃は、だんだん来店されなくなったお客様のカルテを捨てていいものかと悩む間にかさばっていく一方で、スペースをとても取っていたんですけど、Bionlyを導入していっぺんに捨ててしまいました。
写真を保存できるメリットも大きいです。古いお客様は特別な変化がないので撮らないんですけど、毎回ヘアスタイルを変えたいお客様の写真は保存しています。特に新規のお客様は、なかなかお顔とお名前とを一致させて覚えられないんですよ。なので、こっそりお顔も撮らせていただいて、あとからカルテを見てお顔とお名前とを一致して思い出せるというところがあって。それは紙のカルテ管理ではできないメリットですね。
例えば前回のご来店から数ヶ月後に、「前のあの時にした髪型」と仰られても、お客様も曖昧で「短かった」という記憶が美化されていて「どのくらい短かったか?」というのを忘れているんですね。電子カルテで当時の写真を具体的に見せると「前みたいに短いのはやっぱり嫌かも」っていう可能性もありますし。 そういったことを防ぐためにも、前の施術と今の状態を写真で比べてお話すると、お客様は施術のイメージがしやすいみたいですね。

>>インタビュー詳細は、こちらから
>>同じ課題のサロンを見る

美容室の電子カルテならBionlyのPOSレジ

4.在庫管理機能で月末の棚卸がラクになりました

インタビューゲスト:Paume Bonheur 様(エステサロン)

Q.
Bionly導入後、よくお使いいただく機能はなんですか?

A.
在庫管理機能を活用しています。商品の仕入れ時のタイミングでメーカーさんがセールの時に大量に仕入れてしまいがちなのですが、品質の劣化があったり在庫がなくなる前にリニューアルがかかってしまったり…ということもあり実際に売れる数での仕入れが「経営」していく上で必要不可欠です。 在庫を過剰に持ちすぎないようにするためにも、集計機能と在庫管理機能は経営の部分でとても活用しています。月末の棚卸もとても楽になりました!

>>インタビュー詳細は、こちらから
>>同じ課題のサロンを見る

5.顧客管理機能でDM発送も簡単に

インタビューゲスト:hair make kiki-kobe 様(美容室)

Q.
顧客情報と予約情報を別々で管理されていた頃から変わった部分はありますか?

A.
うちは基本的に顧客情報を紙カルテで管理していたのですが、それだとお客様に年賀状とかハガキでDMを送る時の効率が悪かったんです。
それがBionlyだとお客様の情報をすぐにデータ抽出できてDMを送れるので、めちゃくちゃ楽になって良かったです。
逆にメールはほとんど送らないですね。1%も無いかな…というのも、カルテにメールアドレスを書いてくれる方ってあんまりいないんですよ。今はもう、どちらかといえばLINEを活用している人が多いので。
なので、やっぱり時間は取られますけど手書きでハガキをお送りしています。内容の部分は手書きですけど、宛名欄はBionlyからデータを出せるのでそこがとても重宝しています。

>>インタビュー詳細は、こちらから
>>同じ課題のサロンを見る

美容室の顧客管理ならBionlyのPOSレジ

いかがでしたか?
サロン業務で時間をかけていることや問題点を、すっきりシンプルに解決できる美容室・サロン専用のPOSレジシステムBionly。無料トライアルもご用意しています。是非、お試しください。

美容室向けPOSレジシステム『Bionly』

人気の電子カルテは画像を6枚保存可能

Bionlyの電子カルテは来店毎に6枚の画像を保存できるのが最大のポイントです。
6枚保存できることで、施術前後画像の他に、フロント/サイド/バックやポイント部分のアップ画像、使用商材の画像など幅広い用途に画像保存機能を利用できます。さらに手書き用の業種別イラスト台紙を標準装備。画像にもイラスト台紙にも手書きで書き込み出来るので、細かい施術記録を残せます。

⇒電子カルテ機能に関しての詳細はこちらをご覧ください

在庫管理やサロンECなど機能も充実

Bionlyには、一般的なPOSレジシステムに搭載されている機能の他に、オプション機能となることも多い在庫管理機能も標準搭載。
在庫管理もシステム化することで、作業コストが大幅削減されるだけでなく、店販商品は販売情報が売上データに自動反映され、在庫状況の確認や在庫管理を誰でも行うことが出来るようになります。

さらに、顧客用無料アプリ『CHEERBE』上で店販商品を販売できるEC機能もあるため、店販販売強化を図ることが可能です。

⇒在庫管理機能に関しての詳細はこちらをご覧ください

WEB予約サイト&顧客用スマホアプリを標準搭載!

24時間予約受付が可能なサロン独自のWEB予約サイト&顧客用スマホアプリを無料で利用可能!
美容室では予約を直接、Bionly(ビオンリー)に登録できることはもちろん、リアルタイムで予約表の空いている枠だけがユーザー予約画面に表示され、WEB予約から入ったお客様の予約は、すぐにBionly(ビオンリー)の予約表に反映されます。

⇒予約機能に関しての詳細はこちらをご覧ください

動画で見る『ipad専用POSレジBionly(ビオンリー)』