美容室で『独自の予約システム』を導入するメリットをおさらい!

突然ですが、皆さんの店舗ではお客様からの予約窓口はどのような経路を用意していますか?

最近では、SNSでのDM予約も増えてきていますがやはり多いのは「電話予約」「Web予約」ではないでしょうか。以前は主流だった電話予約ですが、受けられる時間が限られたり聞き間違いが起きる可能性があることや、対応リソースの問題などから、Web予約サイトを持たれる美容室・理容室・美容サロンは各段に多くなりましたね。

せっかくなら『Web予約サイト』と『予約システム』を連動させ利便性と効率を抜群にアップしませんか?今回は、そんな予約システムの運用について掘り下げていきます。

1、サロン独自のWeb予約サイトを導入するメリット

まず、サロン独自のWeb予約サイトを持つことで、サロンとお客様側、双方にメリットがあります。

<サロンのメリット>

  • 365日24時間予約を受け付けることが可能
    営業時間外でも取りこぼすことなく予約を受けることができる。
  • 直接対応しなくても自動で予約を受け付けられる
    営業時間内であっても、接客中に電話がかかってきてしまうと接客に集中することができなかったり、目の前のお客様も電話口のお客様もお待たせする時間ができてしまいますが、Web予約なら直接対応をしなくても予約を受け付けられる。
  • お客様情報の聞き間違いや、予約日時のミスを防げる
    口頭だと、聞き取り辛かったり聞き間違いが起きる可能性もあり、人間がする作業では書き間違いが起きることもあります。Webサイトならそれらのミスを防ぐことができる。
  • お客様の囲い込みができる
    ポータルサイトの予約システムのみを利用していると、どうしても他のサロンに目移りしてしまうお客様が発生します。初回来店以降はお店独自のWeb予約サイトから予約をしていただくことで、お客様の囲い込みに繋がります。

<お客様のメリット>

  • 好きなタイミングで予約が取れる
    移動中や休憩中そして深夜でも、思いついたときに予約を取ることができるので気軽に予約ができます。
  • 無駄な時間が無い
    Webの操作で予約が完了するため、メニューや空いている日時を選択すればそのまま予約が完了。電話予約の場合に生じる待ち時間が無くなるので、予約を取るためのストレスがありません。

2、予約システムとWeb予約サイトを連動することによるメリット

では、『Web予約サイト』と『予約システム』を連動するとは、どういうことでしょうか?
まず、Web予約サイトは、予約を受け付けるためのWebページです。
そのため、できることとしては、
・予約を自動で受け付ける
・予約をリアルタイムで反映する
ということになります。

予約システムは、それに加え『予約の管理』『顧客データの収集』『データの集計・分析』『データの利用』ができます。
これらのメリットをみていきましょう。

『予約システム』と連動するメリット

①予約の管理

  • 予約したお客様に対して、自動で予約の確認メールを送る。
  • Web予約サイト以外の予約(電話対応などで直接予約を登録したお客様)も含め、予約日が近くなったら、リマインドメールを自動で送る。
  • お客様側でもWeb上から予約のキャンセルや変更が可能。

こちらに関しては、Web予約サイトで可能なものも多いですね。

②顧客データの収集

  • 予約時に入力された氏名や連絡先、予約メニューなどを基にカルテを自動で作成する。
  • 予約が入ったお客様のカルテと連動して予約情報を追加する。

 

③データの集計・分析

  • どのメニューの予約が多いかなど、情報を自動で集計・整理し、順位付けなど分析まで自動化できる。
  • 予約に関する情報だけでなく、来店により得られるその他の情報も併せて顧客情報として登録すれば、年齢、属性、来店率、売上構成など様々な軸で集計・分析し、マーケティングや営業戦略のための材料にできる。

 

④データの利用

  • 最新の顧客リストをいつでも作成・確認でき、一定条件の下でお客様を絞り込んだリストを作ることも簡単。
  • 再来店誘導のためのメッセージ配信等をシステム上からそのまま送信可能。

 

メリットとしては、主にこの4点ではないでしょうか。

 

予約システムはサロン独自のものを利用しよう!

予約システムとして、現在は、ポータルサイトに付随したサービスもあります。集客に利用するポータルサイトで予約機能と予約管理システムが備わっているため、使い勝手が良いということで、利用されることもあるでしょう。
しかし、ここは サロン独自の予約システム の利用をおススメしたいのです。その理由としては、

  • ポータルサイトの予約システムは、掲載し続けないと利用できなくなる。
  • お客様の予約窓口を、ポータルサイト経由にしなければいけないため、ポータルサイトを利用しなくても良いお客様まで利用させることになる。
  • ポータルサイトに頼った集客は、リピーターを育成しづらい。

というデメリットがあります。

ポータルサイトは、新規のお客様を獲得するには、大変良い場であり広告効果も期待できます。しかし、将来的には、ポータルサイトに頼らずに集客できたり、リピーターで安定した売上を上げられるようになることが、安定経営の理想です。
しかし、ポータルサイトの利用を卒業するとき、蓄積した大切な財産である顧客情報は持ち出すことができないことが多いですよね。そのためにも、将来を見据えて顧客情報はサロン独自で管理しておく必要があります。
予約システムとポータルサイトによる集客は別と考え、サロン独自の予約システムを導入しましょう。

▼ポータルサイトを使わずに集客する方法は、こちらをご参照ください。
【美容室・サロン向け】ポータルサイトを使わずにWEB上で新規集客する5つの方法
美容室・美容サロン集客での最適なSNS運用とは?
サロンワークで活用する『予約アプリ』と美容室の集客対策

3、POSレジ一体型システムで、さらに便利!

さて、いざ予約システムを導入するとなった時にオススメしたいのが、POSレジ一体型の予約システムです。
POSレジ一体型システムなら、予約システムでできることに加え、美容室で必要な以下のオペレーション作業が全て連動し、まとめて完了します。

  • 会計
    POSレジの基本であるレジ機能で会計作業をすれば、売上に関する詳細な情報がリアルタイムに自動で蓄積され、最新情報をすぐに確認できる。
  • 電子カルテ(顧客情報、施術履歴登録)
    お客様情報や施術履歴の登録も時間をかけず楽々行えます。電子カルテなので紙カルテのように膨大なスペースも不要なうえに、端末さえあれば場所を問わずデータ確認が可能です。さらに、美容室向けiPad専用POSレジシステムのBionlyなら、電子カルテへ来店毎に画像を6枚登録可能&入力だけでなく手書きメモの書き込みができるので、より多くの情報を電子カルテに残せます。

美容室のためのPOSレジ一体型システム『Bionly』

『Bionly』は、電子カルテの他にも在庫管理機能で店販や仕入れ商品の入庫・出庫情報を紐付するなど、面倒な業務も効率化できる機能が満載です。
iPad1台で美容室に必要な全ての作業を行うことができ、シンプルで直感的な操作が可能なiPadだからこそ実現する使いやすさが魅力で、パソコンなどデジタル作業が苦手な方でも利用しやすいと好評です。
持ち運びができることで、場所と時間を問わず作業もOK。セキュリティーも万全!是非、一度お試しください。

動画で見る『ipad専用POSレジBionly(ビオンリー)』