POSレジシステムをフル活用していますか?ダッシュボードチェックの習慣で瞬発力のある経営を。

「POSレジシステムは売上管理の手間を削減し、作業効率を楽にする」と、導入を検討する美容室が増えています。
レジ会計をはじめ、予約表の確認、顧客情報や集計した数字の確認など、色々な機能を備えるPOSレジシステムですが、その使い方は各美容室によってさまざま。よく使う機能やよく見る画面も、美容室によって異なります。
でも、どの美容室においても必ず1日1回はチェックしてほしい画面があるんです!
それが「ダッシュボード」の画面です(※サービスによって名称は異なります)。
今回は、このダッシュボードの重要性と実際の活用事例をご紹介していきます。

美容室の売上管理でダッシュボードを利用すべき理由

ダッシュボードとは?

美容室におけるPOSレジシステムの「ダッシュボード」概念は各サービスにより異なりますが、
・システムからのお知らせ
・その日の予約件数
・その日の売上予定金額

などが一覧で確認できる画面であることが多いです。

POSレジシステムでは、美容室で日々使用することによって生まれる会計データやその他顧客に関するデータを取得することができます。この膨大なデータをただ取得しているだけでは宝の持ち腐れですよね。
取得したデータを集計し、分析した結果を元に施策を実行し、成果が出て初めてデータは価値を発揮する材料となります。そしてデータを正しく分析するためには、蓄積した情報の全てを整理し、比較し、予想する必要があります。それを手助けするツールがダッシュボードなのです。
ダッシュボードは美容室の売上を簡潔に視覚化し、要点となるポイントを絞って1つの画面で確認できるようになっています。管理する様々なデータから重要な要点を抽出してひと目で分かるように視覚化することで、美容室の経営に関する状況の要約的要素から、目標に対しての現状の進捗状況の把握と問題点の把握に役立ちます。

美容室でダッシュボードを活用するメリット

美容室経営でPOSレジシステムのダッシュボードを利用するメリットは、以下のことが挙げられます。

リアルタイムで、常に最新の売上結果情報を得られる

美容室の売上安定化のためには、計画した売上目標を達成し続けることが重要です。『年間目標>月間目標>週間目標>日毎の目標』というように、売上を追いかけることが必要になります。
これには日々の積み重ねが大事ですが、ダッシュボードでは常にリアルタイムで集計結果を整理して表示しています。そのため、売上管理に必要な「目標値」「売上金額」「単価」「差額」「見込み金額」といった情報を1つの画面を見るだけで楽に状況把握ができます。
このようにダッシュボードを活用することで、今後の売上予測も立てやすくなります。もし目標に対して結果が追い付いていない場合も早めに気付けるようになり、事前にそれ相応の対策を検討することができるようになります。

美容室の営業に必要な情報の一元化で、管理が楽になる

美容室の「今日」の営業に必要な情報を1つの画面で確認できます。売上情報や予約情報をあちこちの画面に見にいくよりも、1つの画面で見られれば管理も楽です。ダッシュボードでは常に最新の情報へと更新されるため、情報を見落とすことなく、効率的に美容室運営をすることができます。

美容室向けiPad専用顧客管理POSレジシステム『Bionly』のダッシュボード

Bionly(ビオンリー)のダッシュボードでみれること

iPad専用顧客管理POSレジシステムBionly(ビオンリー)のダッシュボードは、WEBの管理サイトからいつでも確認できます。前日、当日、当月の売上や見込みの確認や、当月売上推移、予約一覧等サロンで確認頻度の高い項目を確認できるようになっています。ここからは美容室での使いやすさを追求したBionly(ビオンリー)のダッシュボードを詳しくご紹介します。

<ダッシュボードで確認できる項目>

1)当日売上
・会計済み売上金額
・売上に対する施術&店販の内訳
・会計済みの客数
・会計済み客単価
・会計前の予約客数
・見込み金額
・見込客単価
・差額
・差額客単価
・日割目標金額
・日割目標客単価

2)前日売上
・会計済み売上金額
・売上に対する施術&店販の内訳
・当日の会計済みの客数
・当日の会計済み客単価

3)当月売上
・月間目標金額
・会計済み売上金額
・会計済み金額+予約分の金額
・目標金額との差額

4)日次売上推移
当月の売上推移が日毎に棒グラフで表示されます。金額も確認できます。

5)スタッフ別売上
スタッフ毎の売上を確認することができます。各スタッフ別に、売上の詳細(売上内訳や見込み等)を確認できます。

6)予約一覧
当日予約が入っているお客様を一覧で確認することができます。

ビオンリーのダッシュボードでは「ただ数字が並べられている」ということではなく、同じ数値でも美容室に必要な数値をグラフや表を用いて可視化され、より情報把握がしやすい状態で整理されています。
一覧で統合表示されているので、ただの数字の羅列を見て頭で計算して理解するよりも感覚的に結果を認識することができます。そうすると、結果の状況把握が早くなり、新しい発見や気付きも多くなる可能性も高まります。
例えば前年比を比較する場合、数字だけが並んでいるよりも棒グラフで比較されていると、一瞬でその差を理解できますよね。複数月が並列されていれば、その差の大きさや変化も把握しやすくなります。

Bionly(ビオンリー)ダッシュボードの実用例

ビオンリーでは、実際にBionlyを導入されている美容室やエステサロン、ネイルサロン、アイラッシュサロンなどの方々に使用感であったり、使用している上で感じられた課題や問題点などを定期的にインタビューしています。今回は、その中から「ビオンリーのダッシュボードをよく使用している」というサロンからの声をご紹介します。

『(ビオンリーのダッシュボードは)その月にどのくらいのご予約が入っていて、いくら見込みが作れるのか?というのが確認できる。また、次回のご予約データから来月以降の予測が立てられるので、少ないのであれば「もう少しこういうことをやった方がいい」などの加減が調整できます。
来月は何をやろうか、どんな商材をどのくらい仕入れようか…という見込みがつくれるので、ダッシュボードが僕の心の支えでもあります(笑)。』
▼blanc 川崎様
詳しいインタビュー内容はこちらから

『よく使いますね。今月いくらぐらいの売上かを予測したり、1日の終わりにお会計漏れがないか?などもチェックしています。必要な時はPDFで出力して印刷できるので、それもとても便利です。』
▼脱毛サロン NRエヌアール 奈良様
詳しいインタビュー内容はこちらから

ダッシュボードだけじゃない!Bionlyの魅力

iPad専用顧客管理POSレジシステムBionly(ビオンリー)の強みは、ダッシュボードだけではありません。サロン運営のお悩みを解決できる多彩な機能により皆様に選ばれています。

<選ばれるポイント>

①顧客検索が秒で見つかる!
Bionlyで顧客を検索すると、いつでもパッと簡単に顧客情報や顧客のカルテを呼び出せます。電子カルテと施術同意書が顧客情報と紐づいて、データを一元管理。様々な情報をひとつの画面で確認できるので作業効率アップが図れます。

②使いやすい電子カルテでフォロー力UP
ビオンリーの電子カルテは来店毎に6枚の画像を保存できます。業界別のイラスト台紙が標準装備で、施術情報が残しやすいのもポイント。画像やイラストの上から手書きメモも残せるので、文字だけでは表現が難しい微妙なニュアンスも伝わりやすい!顧客に関する属性は、予め設定しておけば選択するだけで登録できるので情報登録も手間要らず。もちろんタイピング入力でも多くの情報を残しておけます。

③場所を選ばないタブレット型POSレジ
タブレット型POSレジシステムの特徴は、コンパクト&設備費用の安さ。スペースを取らないのでサロンインテリアを邪魔しません。さらに、持ち運びできるので施術スペースで直接お客様と一緒に電子カルテを見ながらのカウンセリングも可能です。

④直感で操作できるデザインで、誰でもわかりやすい
ビオンリーの画面は誰でも直感的に操作できるよう設計してあり、その内容が評価され2018年にGOOD DESIGN賞を受賞。
操作性に優れていますが、万が一わからない時のサポートも充実。お電話の他に、一緒に操作画面を見ながら操作レクチャーを行うオンラインサポートや24時間閲覧可能なマニュアルも無料でご利用いただけます。


いかがでしょうか。ダッシュボードを活用すれば、売上進捗の追いかけが面倒でなくなります!こまめな確認が売上を計画的に進める秘訣でもありますので、POSレジシステムBionly(ビオンリー)のダッシュボードを活用して、ぜひ売上安定化にお役立てください。


動画で見る『ipad専用POSレジBionly(ビオンリー)』