アイラッシュサロンでの、電子カルテを使ったカルテ管理のメリットとは?

日々のメイクが楽になることはもちろん、メイクをしなくても目力アップできるため、忙しい女性の“時短メイク”の味方としてもまつげエクステが大人気となり店舗数が年々拡大しているアイラッシュサロンにおいて、お客様の施術記録はどのように記録・管理されていますか?

小さな範囲ですが、顔の印象を大きく左右する目元だからこそ、仕上がりによってお客様の信頼度や満足度が変わってくることでしょう。そこで、重要になってくるのが、お客様のカルテです。施術履歴や好みを正確に記録・管理することで、お客様に信頼され、リピーターを増やすことにも繋がります。
そこで今回は、アイラッシュサロンで電子カルテを導入するメリットをまとめます。

アイラッシュサロンにおけるカルテ作りの重要性

1.カウンセリングは、お客様とのイメージを合わせる作業

アイラッシュサロンにおいて、お客様の満足度をアップさせるには、技術力もさることながら、お客様の要望を丁寧にヒアリングしカウンセリングで提案することで、お客様の理想のイメージを実現することが必要です。

お客様がイメージされるものより、ボリュームが少なくても、多すぎても満足度を上げることはできません。しかし、お客様のまつげの状態によっては、ボリュームを出しきれない場合もあることでしょう。そんなときは、お客様のご要望や理想をヒアリングしたうえで、実現可能なイメージを伝え、確認しながら進めることが必要です。

その反応を見ながら、次回に繋げることがアイラッシュサロンの接客にとっては、非常に重要です。施術自体、繊細で集中力と注意が必要な職業ですが、お客様との細やかなやり取りこそ、リピーター作りの大きなポイントになるのです。こういったやり取りもカルテに記録しておきたいですね。

2.アイラッシュサロンで電子カルテを使うメリット

お客様の施術記録をどう残すか・・・。
アイラッシュサロンなら、電子カルテの中でも、断トツで、写真が撮れるタブレット型がおススメです。タブレット型の電子カルテなら、持ち運びやすく写真が撮れ、それをそのままカルテに施術記録として残すことが可能だからです。

施術後、お客様にはそのままの状態で、仕上がりの写真を撮影すれば、当日の施術を正確に記録し保存することができます。

カルテや施術履歴は、文字で記載することが基本と思われがちですが、特にアイラッシュサロンに関しては、仕上がりの細かな違いを文字だけで説明するのはとても困難です。それが写真なら誰が見ても、その状態を理解することができます。
例えばまつげエクステなら、それに加えて、素材や種類、本数、配置などを追記することで、施術履歴のカルテをつくる時間を大幅に短縮できます。

また電子カルテは、カルテを探す時間も取らない、さらにカルテの保管場所を取らないという小規模店舗が多いアイラッシュサロンにとっての大きなメリットも併せ持っています。

 

リピーターを増やす電子カルテのつくり方

1.カルテに残すべきお客様の大切な情報

アイラッシュサロンの施術では、お客様は目を閉じた状態で施術するため、眠ってしまうお客様も多かったり、目を閉じられているお客様とのコミュニケ―ションはなかなか難しいですよね。すると、お客様の情報も得にくいものです。だからこそ、得られる情報を漏らさず記録し、必要な情報としてヒアリングする項目を決めておくことで、情報収集がスムーズに進み、満足度の高い接客や営業に活かすことができます。

では、何をお客様の情報としてカルテに残せば良いでしょうか?

①お客様の基本情報

・氏名、生年月日、性別、電話番号、メールアドレス
これらの個人情報は、来店時にヒアリングすることがおススメです。DMやイベントのお知らせをはじめ、お客様へのアクションを起こすために必要な情報です。

②お客様の趣味、嗜好

・お客様の好きなもの、楽しみにしているイベント、ライフスタイル
リピーター作りのために重要なのが、このようなお客様の生活に関わるものです。これらを把握しながらアドバイスすることで、お客様に期待以上の価値を提供し、喜んでいただけるデザインを提案することができるようになります。

③施術内容

・来店日   :来店日、時間
・施術メニュー:施術のコース名、時間
・施術内容  :施術の内容詳細、気を付けた点
・施術結果  :写真で記録
・施術中の様子:トラブルや変わった様子は無かったか
・施術後の様子:お客様の反応
これらを毎回きちんと記録することで、次回来店された際に最初からお客様の好みに合わせた施術がしやすくなったり、それが、お客様が感じる「サロンとの相性の良さ」となり、リピートしていただくきっかけにも繋がります。

上記をふまえ、電子カルテに書くべきことは多いと感じますか?
実はアイラッシュサロンで売上の高いセラピストは、これを全て細かく記載しています。施術当日は前回のカルテを見返してから接客に入り、当日の記録をカルテにきちんと残す、というルーティーンを守ることで、指名やリピート、追加購入などによる売上の結果が大きく変わっているのです。

2.カルテ作りに時間をかけない電子カルテ

サロンでは、予約が立て続けに入っていたり、その他の業務など、一人一人のお客様の接客は丁寧に行っても、カルテ記載の時間をじっくり取れず、「書き損ねてしまった!」ということもあるかもしれません。そして、カルテに記載が漏れていると、「前回どうだった!?」と焦ることになってしまいます。

そんな経験がある方や、時間を効率的に使いたい方におススメしたいのが、電子カルテです。
「紙カルテは、書き慣れているし。」とか「電子カルテ…デジタルって難しそう。」と思われるかもしれませんが、電子カルテなら、そのサービスによってはパソコン入力が苦手な方でも、紙カルテのように直接書き込めたり、予め項目を設定しておけば、選択するだけで登録を終えられます。
選択するだけで登録が終われば、例えば、施術メニューを10文字、20文字書いていたものが1秒で終わります。
ヒアリングする項目を予め決めておき、答えも想定できるなら、それらを予め設定しておくことで、カルテ入力の時間は大幅に減らすことができます。同じことを何度も書くなら、選択できれば楽ですよね。

選択式で電子カルテ入力ができるということは、お客様のお支度を待つ少しの時間も有効に使い、カルテ作りを進めることができます。

3.写真で残せるBionlyの電子カルテ

さらに便利なのが、Bionlyの電子カルテです。
Bionlyの電子カルテは、写真画像を毎回の施術ごとに6枚まで残せることと、アイラッシュ用のイラスト画像がデフォルトで準備されおり利用できます。
写真やイラストの画像に、手書きで書き込むことが可能で、より簡単に誰が見ても分かりやすい情報を記録することができます。

⇒ アイラッシュサロンにおすすめ!電子カルテが人気の『Bionly』


お客様の来店履歴や施術履歴、購買履歴などを記載し保存・管理することは、オペレーション上の重要業務として、ナンバー1と言っても過言ではありません。電子カルテ作りがお客様対応の備忘録としてはもちろん、スタッフ同士の情報共有としても必要であり、お客様との信頼関係構築から売上にまで関わる重要作業です。電子カルテの情報を充実させ質を高めることで、お客様満足度アップを目指し、リピーターを増やしましょう!

動画で見る『ipad専用POSレジBionly(ビオンリー)』