美容室・サロン専用のiPad顧客管理POSレジシステム Bionly(ビオンリー)

美容室・サロン専用のiPad顧客管理POSレジシステム

コラムcolumn
在庫管理

美容室での確定申告に役立つPOSレジ機能とは?

美容室の確定申告に必要なもの

確定申告って、何をするの?

美容室を開業している美容師は、確定申告を毎年行わなければなりません。


そもそも確定申告とは、
1月1日から12月31日までの収入・支出などを計算して所得を算出し、その申告書を税務署へ提出することで所得税額を確定させ、税金を納めるための一連の手続きのことです。
該当年の翌年に申告し、申告時期は毎年度2月16日から3月15日までの1か月間です。
納税は「納税の義務」「勤労の義務」「教育の義務」とあるように、 国民の三大義務の一つとして日本の憲法で定められています。国を発展させていくために納税が必要ということなのですね。


美容室の規模や従業員の有無に関わらず、またフリーランスとして活動している場合も含め、美容師が個人事業主として営業による売上があり、美容室の売上から経費を差し引いた年間の所得金額が「48万円以上」の場合には、確定申告が必要となります。なお、美容室が赤字となった場合は確定申告をすれば、次年度以降に利益と赤字分を相殺することが可能です。


また確定申告には、青色申告と白色申告の2つの方法があります。美容室を2年以上続けていくのであれば、メリットが多いので青色申告がオススメです。


■青色申告
青色申告は、税務署の承認を受けて収入や経費に関する日々の取引状況を記録した複式簿記の帳簿が必要で、貸借対照表と損益計算書を確定申告書に添付する必要があり、それらに伴う書類は7年間保存する義務があります。


青色申告をするためには、事前に「開業届」と「青色申告承認申請書」を税務署に提出する必要があります。開業届は、開業日から1ヶ月以内に税務署に提出しなくてはなりませんが、提出日が“美容室の開業日”になるわけではありません。そのため遡って開業日を記載することができます。事業内容についてなどの事項を記入し、捺印して提出します。青色申告承認申請書はいつでも提出可能ですが、確定申告の期間までに承認されている必要があるため、開業届と同時に出すか、途中で切り替える場合も早めに提出しておきましょう。


<青色申告のメリット>
・最大65万円の青色申告特別控除を受けられる(※電子申告をした場合)
・家族の給与を必要経費にすることができる
・純損失の赤字を3年間繰り越せることで、各年の税負担を軽減することができる
・減価償却の特例を受けられ、経費に計上できるものの幅が広がる
・リスクである貸倒引当金を経費として計上することができる


このように、必要書類を提出し青色申告ができれば、事業者にとって節税メリットが大きいのが青色申告です。


■白色申告
白色申告では申請書などの届出は必要なく、開業にあたり何も届出をしなければ自動的に白色申告となります。
白色申告は複式簿記での帳簿が必要なく、単純な収入と必要経費の合計額を記載するだけなので、シンプルな収支内訳書を作成すればOK。そのため青色申告と比べて手間がかからないという点がメリットです。白色申告でも帳簿は法定帳簿として、7年間の保存義務があります。


確定申告手段としては、税務署窓口への持参、書類による郵送、e-Taxによる電子申告のいずれかによって申請することができます。確定申告ソフトや特定の期間だけ臨時の署外申告会場が開設されることもあります。


 

確定申告には必要な書類とは?

必要書類6つ

では、確定申告に必要な書類を具体的に説明しましょう。


①確定申告書類
確定申告書にはA様式、B様式の2種類があります。美容室を経営したりフリーランスの美容師が申告する場合は、B様式が対象となります。
確定申告書は紙様式のものを税務署で入手できますが、国税庁のWEBサイトからもダウンロードできます。また、国税庁の「e-Tax」に登録しておけば、税務署に行かなくても国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作成し、インターネットで提出を完了させることができます。
休日や営業時間などがお客様の予約によって左右されることも多い美容室経営者にとって、インターネットからの提出はとても便利なのではないでしょうか。


②本人確認書類
本人確認書類として、マイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードがない場合は、マイナンバー通知カードまたは住民票と、運転免許証などの身元確認書類の両方を提示することで本人確認が可能です。


③口座情報がわかるもの
納付した税金が予定納税額より多い場合には、確定申告をすることで払いすぎた税金の還付が受けられます。還付を受けるためには、確定申告書に口座情報を記載しておくことが必要です。


④所得が証明できる書類
美容室の売上伝票または日報や月報、経費類の請求書などの資料の他、仕事で使用している通帳情報などが必要となります。


⑤控除を受けるための必要な書類
医療費、保険、ふるさと納税の寄付金控除、住宅ローン控除などの証明書類


⑥印鑑
紙で提出する場合、確定申告書と収支内訳書/青色申告決算書に捺印をするために印鑑が必要となります。


■『e-Tax』を利用する便利ポイント
e-Taxは、WEB上での申請となります。期間内ならどこからでも24時間申請可能ということで、総務省が推進しています。利用するメリットはそれだけでなく、e-Taxから確定申告する場合は捺印が不要となります。また、生命保険料控除の証明書などは、生命保険会社などの名称や支払金額等を入力して送信することにより添付が不要となります(※5年間の書類保存義務は有り)。マイナンバーに関する本人確認書類についても、e-Taxで送信すれば提示又は写しの提出が不要です。提出方法でも、少し面倒を省けますね。


 

美容室の確定申告で経費計上できるものは?

美容室で使用するアレコレ…もう一度おさらい

所得を計算するうえで、収入と経費を算出する必要があります。経費が多ければ所得は低くなるので、その分納める税金も低くなります。
では、美容室の経費になる代表的なものをご紹介します。


基本的に美容室で使うものはすべて経費として計上できます。
例えば、


●消耗品
シザー、ケープなど施術に使うことで消耗されるものや、消毒、洗剤、トイレットペーパーなど美容室で日用品として使うもの
値段が一つあたり10万円以下、もしくは使用可能期間が1年未満のものは消耗品に該当します。


●材料費
シャンプー、薬剤、スタイリング剤など施術で材料として使うもの


●備品
鏡、椅子、シャンプー台、加湿器、ドライヤー、事務用パソコンやiPad端末など
10万円以上のものは一括償却資産・少額減価償却資産として、それ以外は減価償却資産として計上し、何年かに配分して償却していきます。ただし、青色申告をする場合は10万円以上のものも一発経費としてその年にまとめて計上することができます。


●事務用品
筆記具などの文房具、ノート、封筒、コピー用紙、領収証・レシートの用紙、ファイルなど
消耗品でも計上できますが、事務用品は購入数と金額が多くなりがちなものを事務用品として経費計上しておくことで、事務用品費にどれだけ使ったのかが把握しやすくなります。


●広告費
HP運用費、美容室検索サービスの利用、チラシの作成など
集客するための広告費として計上できます。


●通信費
電話回線、インターネット回線の料金、切手、ハガキ代など
切手やはがきは購入したときではなく、使用したときが計上のタイミングです。


●家賃
賃貸料を計上できますが、間借りしている場合や自宅と兼用している場合は相応の按分額が適用されます。


●水道光熱費
単独店舗であれば全計上できますが、自宅と兼用している場合には一部しか認められません。


●人件費
個人事業主本人の給与は人件費にはできませんが、従業員を雇っている場合にはそれを経費計上できます。


他にも、保険料や修繕費、研修費などがあります。
ちなみに美容師の場合はオシャレに気を遣う人も多いですが、仕事で使用するとしても洋服代は原則として対象になりません。美容室のロゴなどが入っている制服であれば、福利厚生費として計上できます。


 

美容室での確定申告で税務署から追徴課税を受けないためのポイント!

●お財布は、美容室用とプライベートは分ける!
慣れない申告で「ついうっかり」ということを防ぐためにも、美容室用とプライベート用の財布はきっちりと分けておくと、現金を使う場合に経費を漏れなく間違いなく計算することができます。クレジットカードを利用したり引き落としを利用する場合は、事業用と個人の口座は分けておけば、記帳や確認も楽になります。


●決算書づくりの注意点
「出所不明の入金や出金」があったり、「美容室の売上に対して特定の必要経費が多すぎる」など収支バランスが悪いと税務署からのチェックが入りやすくなりますので勘定科目を適切に仕分けましょう。
また、売上伝票や契約書、領収書、棚卸記録などの書面やデータも7年間の保管義務がありますので、大切に保管しておきましょう。


 

美容室での確定申告がラクになるPOSレジシステムの使い方

確定申告に慌てない!Bionlyの在庫管理と集計&分析機能

①在庫管理機能で、商品の動きを一括管理!
Bionlyの在庫管理機能では、入出庫・返品・在庫一覧・棚卸と美容室における在庫管理業務に必要な機能が揃っています。美容室のPOSレジシステムで在庫管理を行うことで、日々正確に在庫情報を更新することができ、膨大なアイテム量を抱える美容室の在庫管理、棚卸業務を効率化することができます。美容室内での商品の売上と仕入による経費の動きを正確に把握できます。


②集計&分析機能で1年間の売上管理を瞬時に把握!
Bionlyの集計&分析機能は、期間別・スタッフ別・メニュー別・商品別集計など多様な軸で美容室の売上管理を行えます。また、月次ごとの売上内容が一目瞭然で、現金売上やクレジット売上も分かれているので、決算書作りにも大活躍。
これらのデータは管理画面上でいつでも確認でき、PDFデータやCSVデータとしてダウンロードすることも可能なので、税理士さん等に共有する際も簡単。税理士さんからも「見やすくて助かる」と評判のようです。
Bionlyに登録されている情報は情報量の制限無しで全てクラウド保存されているので、何年前の情報でも期間を指定すればいつでもすぐに呼び出すことができます。


 

「Bionlyで確定申告が楽になった!」Bionly活用サロンの導入事例

店販の扱いが100個以上あるというサロン様に、在庫管理の活用状況をお伺いしました。


Q.在庫管理機能を利用して感じたメリットは?


「在庫管理機能の利用をはじめてから、確定申告がすごく楽になりました。
以前は毎年の確定申告の際に慌てて手作業で棚卸をするっていう状況だったのですが、Bionlyシステムで在庫管理機能を利用できるようになってからは、確定申告は在庫管理機能からデータをダウンロードして集計をとって、税理士の先生に渡すっていう形を取らせていただいたんですけど、すごく楽になりました。仕入の度に入庫データを入れないといけないのは一手間ですけど、年に1回棚卸をするっていうことを考えると今の方が特段便利になりました。」


Q.在庫管理機能を利用する前と後で、変わったことは?


「以前は仕入単価をまず引っ張ってきて、その商品の在庫数を調べて、それを全部データに落とし込んで…と集計を取っていたのが、今はシステムに入って在庫管理のボタンを押してデータをダウンロード。 そこで計算をコンピュータに入れるだけで終わっているので…。まぁ最初の設定はちょっと大変だったんですけど、一度設定を終えるとシステム通りに集計を取るだけなのでかなりの時短はできていると思います。」


▼詳しいインタビュー内容は、こちらから
Bionly導入サロンインタビュー『Beauty Studio HERS様』




 

POSレジシステム「Bionly(ビオンリー)」の利用は美容室における普段のサロンワークをラクにするだけでなく、棚卸や確定申告に必要な資料作成を行ううえでも役立ちます。税理士に税務を依頼している美容室では「Bionlyの月次データを税理士さんに渡すだけでOKだった」というようなお喜びの声も多く、正しい売上を正確に確認できることでバックオフィスの負担を大幅に減らすことができますよ。


美容室の予約管理、顧客管理、レジ会計などのツールとして活躍するだけじゃない!Bionlyの在庫管理と集計機能を是非、チェックしてみてくださいね。

軽減税率対応のPOSレジシステムです。

Bionlyをもっと知りたい!
document download
ビオンリーを使ってできることを資料にすべて詰め込みました。詳しく知りたい方は、こちらから資料をダウンロードください。
plan_image
ビオンリーでは、サロン向けとフリーランス向けの2つのプランをご用意。どちらも無料で開始いただけますので、運営形態に合わせてお選びください。
voice_image
ビオンリーを導入されている美容室、エステサロン、ネイルサロンなど様々な業種の皆様に、導入の理由や活用方法、導入後の変化などをお聞きしました。

ご利用料金や導入については
下記よりお問い合わせください。