“コロナショック”に揺れる美容室ーCASE10

緊急事態宣言が解除となっても、休業・短縮営業の影響や引き続きの来店自粛などに悩まされる中、他店の動向等気になるのではないでしょうか。
そこでBionlyでは、美容室へオンラインインタビューを実施。

第10回目は、東京都新宿区、東京メトロ丸の内線 新宿御苑駅から徒歩1分の場所にあるヘアサロン『√5 SHINJYUKU』のオーナー、水戸 佑歩氏にお話を伺いました。

≪取材実施日:2020年5月28日(木)≫

CASE10:ヘアサロン『√5 SHINJYUKU』


――お店やお店周辺の環境など、緊急事態宣言前後で何か変化はありましたか?

このお店に関しては3月中旬ぐらいまでは何ともなかったです。でも3月中旬を過ぎた頃から、周りの飲食店系や他のサロンさんは徐々に影響が出てきていると聞く機会が多くなりましたね。

――その後、売上等の変化は?

ちょうどその頃、コロナ対応の「無利子・無担保融資」が始まるというのを耳にして、すぐに申請しに行きました。早めに動いたのでスムーズに進みましたね。
4月になって客足が減って前年比47%になりましたが、融資を受けられたおかげで精神的にゆとりを感じながら過ごせていましたし、実は新規のお客様は増えたんですよ。

【関連記事】
各都道府県別 行政・自治体による支援情報

――新規のお客様はどんな方が多かったのですか?

職場近くの美容室に行っていた人が在宅勤務になって、これまで通っていた美容室に来店できず「このお店が近所で、ずっと気になっていたから来ました」と言ってくださるお客様が多かったです。
あとはもともとのお客様が、お子様や旦那様を連れてきてくださるようになったパターンも増えました。

――ゴールデンウィーク中もずっとお店は営業されていたのですよね?

はい。お客様側からすると、この時期行けるところも少ないし行き場があった方がいいですよね。
ゴールデンウィーク中、休業にすると15万円の協力金が出るという情報もありましたが、お店を開けていることで周りの皆様から「頑張ってるね」と言っていただいたりもしましたし、金額のことより1人でもいいからお客様の対応をした方がいいかなぁと。

――特に、何か気を付けていたことはありますか?

消毒などを徹底することはもちろんですが、自分が色々な場所に出かけないようにしていました。お店までも自転車で通勤していますし、休みの日もどこか行く時は自分の車で出かけるようにして、電車には乗りませんでしたね。

――期間中、来店されるお客様のご様子はいかがでしたか?

来店されたお客様の中には「電話やオンラインではなく対面で人と喋ったのが久しぶりだったから、いい気分転換になった」という方もいらっしゃいましたね。

「せっかく来たからヘッドスパしようかな」だったり「トリートメントもしちゃおうかな」と言ってくださる方が多く、逆に客単価は上がりました。

――これまでとは全く別の流れになったのですね。

そうですね。今回良かったのが、お客様が減って暇になってきた時間で、入口のドアや鏡の枠の色を塗り替えたり置いてある植物を入れ替えたりして内装の雰囲気を変えたり、メニュー名を見直して一新できたことです。
うちはトリートメントやヘッドスパをオーダーされるお客様が多いので、これまでのメニューにプラスして、新しいブランドを入れてランクを上げたものや、トリートメントとヘッドスパが両方一緒にできるケアメニューを増やしたりしました。

久しぶりに来店して、メニューが変わっていたら試してみたくなると思うんですよ。戻ってきてくれたお客様に変化を楽しんでもらえるように、今のうちに変えられるものは変えていこうと。

【こちらの記事もオススメ】
メニュー見直し時に留意すべき2つの視点とは?

――まだ来店できていないお客様とは、何か連絡をとったりしていますか?

皆さん電話をくださるんですよ。「こういう状況でいまは行けないけど、大丈夫?」と心配してくださったり、医療関係の職場に勤務されている方が「もし自分がうつしてしまうといけないから、予約を延ばそうかな」と言ってくださったり。
あとは「次亜塩素酸足りてる?」というのもありました。うちのお客様は経営者さんが多いので、皆さん持ってきてくださるんですよ。だからいま店内にはいっぱい在庫があります(笑)。

そんなことがあって今回は「人のありがたみ」というのを改めて実感できる、いい機会になりましたね。

【こちらの記事もオススメ】
在庫管理のシステム化について

――素敵ですね。今後に向けて、計画していることや考えていることはありますか?

これからは単価を上げて質の良いサロンにしていきたいんです。
細かいところですが、おしぼりをお出ししたり、飲み物もこだわっていてコーヒーは酸味のあるものや深みのあるものなど何種類か用意して、1杯ずつ豆から挽いていれたり、紅茶も月替わりでフレーバーを変えながら茶葉からいれています。そういうところでもお客様をまた違う目線で楽しませるというのを大切にしていきたいですね。

以前お客様に勧められて高級ホテルのレストランに行ったら、接客力がすごすぎてびっくりしたんです。学ぶことがたくさんあり、それからは職種関係なく色々な場所の高い技術やサービスを経営者目線で観察するようになりました。
人と同じことをやるだけでは足りないかなと思うので、お客様が何を求めているのかを常に追いかけながら、どんどんステップアップしてこれからも変化していかなければと思っています。

取材協力店紹介

『√5 SHINJYUKU』

【住所】東京都新宿区新宿1-31-7-1F
【アクセス】 東京メトロ丸の内線 新宿御苑駅から徒歩1分
【営業時間】10:30~19:30
【定休日】火曜+不定休
【サロンHP】https://root5-shinjyuku.com/
【Instagram】https://www.instagram.com/root5_shinjyuku/

≪取材実施日:2020年5月28日(木)≫


■ これまでのインタビューはこちら

> CASE9・・・東京都板橋区『OMOCHA』
> CASE8・・・東京都世田谷区『suns hair&nail』
> CASE7・・・香川県高松市『ROSSO』
> CASE6・・・佐賀県伊万里市『キレイノキセキ』
> CASE5・・・愛知県名古屋市『hair salon ahead』
> CASE4・・・大阪府大阪市『moc』
> CASE3・・・神奈川県川崎市『felice』
> CASE2・・・神奈川県鎌倉市『MASAMUNE』
> CASE1・・・茨城県守谷市『Origins hair 2nd 守谷店』


通常営業時では後回しにしがちな大切なこと…
“今こんな状況だからこそしておくべきこと”を、Bionlyを使って見直してみませんか?

一ヵ月無料トライアルはこちら

【関連記事】
サロンインタビュー記事一覧
Bionly機能の活用方法まとめ
行政・自治体による支援情報まとめ