『業務改善助成金』はご存知ですか?要件や必要書類&申請方法をチェック!(2021年2月受付開始分)

中小企業・小規模事業者をサポートするための施策として厚生労働省が実施している『業務改善助成金』ですが、新たなコース分けとなった令和3年の申請受付が2021年2月1日より開始予定となります。
新型コロナウイルス感染症の影響により経営や営業が厳しい状況におかれる美容サロンの皆様も少なくないかと思います。今回はこの助成金の内容を詳しくご紹介します。

(こちらの情報は2021年1月26日現在のものです)

『業務改善助成金』とは?

制度概要

『業務改善助成金』は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。
雇用を維持し、雇用する人材の生産性向上のための設備投資などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部が助成されます。

支給の要件

  1. 賃金引上計画を策定すること。事業場内最低賃金を一定額以上引き上げる。
  2. 引上げ後の賃金額を支払うこと。
  3. 生産性向上を目的とした機器・設備などの導入を行い業務改善を実施、その費用を支払うこと。
    例えば、機械設備、コンサルティング導入、人材育成、POSシステム等の導入など。
  4. 解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないこと。
    など

上記要件を満たしたうえで、申請に当たって必要な書類の提出が必須となります。

■支給要件で、「③生産性向上に資する機器・設備などを導入すること」が必要ですが、これまでに適用された例をご紹介します。

【導入事例:(設備導入)シャンプーユニット】
○導入前
利用者の体勢の調節作業が非効率的であるだけでなく、ユニットの台数が少なく待ち時間も生じてしまい、施術時間が長くなっていた。

○導入後
状況に応じて高さ調節や角度調節などが可能になり、ユニットの台数も増え、施術時間の短縮につながった。

ー その他、過去に承認された導入事例
・顧客管理システム
・POSレジシステム
・教育研修費用
・業務用乾燥機、業務用洗濯乾燥機

助成額

2021年2月1日受付開始予定分より、20円コースが新設され、これまでのコース分けでは該当しなかった企業・事業者へと幅が広がりました。
申請コースごとに定める引上げ額以上、事業場内最低賃金を引き上げた場合に生産性向上のための設備投資等にかかった費用に助成率を乗じて算出した額が助成されます。

生産性要件

「生産性」とは、企業の決算書類から算出した、労働者1人当たりの付加価値を指します。
業務改善助成金を利用する場合、助成金の支給申請時の直近の決算書類に基づく生産性と、その3年度前の決算書類に基づく生産性を比較し、伸び率が一定水準を超えている場合等に、加算して支給されます。

【要件】
助成金の支給申請を行う直近の会計年度における「生産性」が、
・その3年度前に比べて6%以上伸びていること
または、
・その3年度前に比べて1%以上(6%未満)伸びていること

詳しくは、下記ページをご覧ください。
労働生産性を向上させた事業所は労働関係助成金が割増されます/厚生労働省

『業務改善助成金』の手続き(申請~助成金受け取りまで)

『業務改善助成金』の概要や要件を確認したところで、実際に助成金を受け取るまでの流れをチェックしましょう。必要書類が複数ありますので、早めに動き出すといいかもしれませんね。

※事業者が実施することは、青字

  1. 助成金交付申請書の提出
    業務改善計画と賃金引上計画を記載した交付申請書を作成し、都道府県労働局に提出する。
  2. 助成金交付決定通知
    交付申請書の審査を行い、内容が適正と認められれば助成金の交付決定通知を行う。
  3. 業務改善計画と賃金引上計画の実施
    計画に基づき、設備投資・事業場内最低賃金の引上げを行う。
  4. 事業実績報告書の提出
    業務改善計画の実施結果と賃金引上げ状況を記載した事業実績報告書を作成し、都道府県労働局に提出する。
  5. 助成金の額の確定通知
    都道府県労働局において事業実績報告書の審査を行い、内容が適正と認められれば助成金額を確定し、事業主に通知する。
  6. 助成金の支払い
    助成金額の確定通知を受けた事業主は、支払請求書を提出する。

受付期間

2021年2月1日(月)~

申請受付・問い合わせ窓口

問い合わせ・申請受付は、各都道府県労働局雇用環境・均等部室で行っています。
▼こちらからご覧ください
都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)所在地一覧

その他

※状況によって修正・更新される可能性がありますので『業務改善助成金』の最新情報等は厚生労働省のページをご確認ください。

■『業務改善助成金』詳細ページはこちらから
[2]業務改善助成金:中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援/厚生労働省

■リーフレット
「業務改善助成金」のご案内

 


POSレジシステム導入ならBionly

今回の『業務改善助成金』の支給要件の一つに「生産性向上に資する機器・設備などを導入すること」がありますが、Bionlyは、顧客管理システムやPOSレジシステムに該当します。
在庫管理機能もオプション料金無しで搭載しており、システム化することで、予約から会計、集計、在庫管理まで多くのことが連動し、驚くほどサロンワークが楽になります。まだ在庫管理をシステム化していないなら、今ならお得に導入できますよ。
業務負担を減らし、生産性を向上させる武器となれれば幸いです。助成金を活用してくださいね。