“営業か?休業か?” 緊急事態宣言で揺れるヘアサロンの今 –CASE7

緊急事態宣言が発令された際、休業要請対象からは除外された美容室。
引き続き「不要不急の外出自粛」が呼びかけられ来客数の減少などに悩まされる中、他店の動向等気になるのではないでしょうか。
そこでBionlyでは、美容室へオンラインインタビューを実施。

第7回目は、香川県高松市にあるヘアサロンROSSO、そしてまつエクサロ ンSofiaを運営する、オーナースタイリスト 久保咲子氏にお話を伺いました。
≪取材実施日:2020年5月1日(金)≫

CASE7:ヘアサロン『ROSSO』&まつエクサロン『Sofia』

―― 全国に緊急事態宣言が出ている中で、香川県は確認されている感染者 が比較的少ないですが、影響は感じられますか?

実は、売上だけで見ると同月昨対でプラスなんです。県内の他のサロンさ んもそうなのかなと思えば、聞いた話によるとそういうわけではないとのことでした。 ただ、本来の計画ではこの一年取り組んできた新規集客のところでもう少 し売上がプラスになるはずでした。でも、そのおかげで4月はマイナスになるような状況の中でプラスで終われたのは良かったと感じています。

―― ヘアサロンは通常通り営業されているとのことですが、まつエクサロンは休業されているのでしょうか?
そうですね。まつエクサロンは4月25日に県から休業要請が出ましたが、 その前からお客様からのキャンセル連絡も多くいただいていたので自主休 業状態でした。お客様がいらっしゃらないのであれば、無理して開けるよりも休業した方が補助対象にもなるというのもありますね。 まつエクサロンに関しては、緊急事態宣言が解除された後もしばらくは休業を続ける判断になるのではないかと思っています。

―― 休業を決断するまではどのような対策を?

当初は、出来る限りの対策をとって営業を継続しようと色々とグッズを揃 えていたんです。マスク装着や消毒はもちろん、安心していただくために対策を実施していることをわかりやすくアピールもしました。顔を覆うプラスチックカバーも購入して、ちょうど昨日届いたところなんです。 でも、他県の情報なども入ってきて皆が構えていたり、これは感染者の少 ない香川特有かもしれませんが、感染した方への風当たりが強くなっているというのもあって難しい状況でしたね。

―― そして、休業を決断されたと。スタッフさんの反応はいかがでしたか?

まつエクサロンはスタッフが社員1人・パート1人の計2名ですが、パートさんはお子さんの学校が休校というのもあって休業前から出勤できない状況でした。社員さんは、言葉にはしていないですが感染のリスクが減って安心しているのかな、と感じています。

―― 休業期間中の対応などに関してはどういったお話をされましたか?
まず、業務的には何かアクションを起こしてほしいという話は特にしませんでした。この状況が長引くという予測のもと、同業者も一斉に閉めている中で今はあまり何かを発信するという流れではないかな、と。「本当は行きたいのに!」と迷っているお客様に対してお互いのためにも意欲を煽ってしまうことをしたくないというのもあります。
給与面に関しては、パートさんはお子さんが休校になっているのでその助成金で対応する予定です。社員さんは、社労士さんから色々説明していただきました。

―― 社労士さんから説明というのがとても丁寧な対応をされていると感じます。

ちょうど就業規則の見直しを行っているタイミングだったので、そこの話し合いで一緒に説明していただきました。給与面の他にも外出を控えるようにだったり、副業の部分に関しても。 正直、まつエクサロンの方は売上が無い中で補償をどこまでできるのか断言できることも少なく不安やこちらの思いが伝わりきっていない部分もあると思いますが、受け止めてくれていると思っています。

―― 給与の補償のお話も出ましたが、複数店舗を持つ経営者として資金面 の対策などはどうされていますか?

ヘアサロンは通常通り営業しているのでそちらは置いておいて、まつエクサロンに関しては、人件費は助成金や国の支援で補うことができます。 広告宣伝費は5月の掲載料免除になりました。テナント代はそのままかかってきますが、県からの支援もあり助成金・協力金で少しですがカバーできそうですし、二店舗とも規模が小さいおかげで支援策を駆使して持ち出しが無いに等しく抑えられそうかなというところです。 あとは、元々4月から改装を予定していたこともあって借り入れの申し出をしていて承認が出ているので、そこは予定通り進めようと思っています。

―― 影響が最小限で抑えられそうというお話を聞けて良かったです。 では、まつエクサロンが休業されている一方で、通常営業を継続している ヘアサロンでのお客様の反応などはいかがでしょうか?

「色々対策してくれているから安心」「個人接客なのでよそより安心」 など、不安な中でも安心の声を多くいただいています。 両店舗の距離は車で10分ほどですが、ヘアサロンにいらっしゃるお客様は安心して来ていただいている感じがしますね。 小規模・マンツーマンというところでの安心感、10数年間営業している中で生まれた信頼感がそうしてくれているのかな。 あとは、カットクロスを使い捨てのものにしたり、消毒や換気などの対策を見せることでも安心感を与えられていると思います。

―― 対策は情報交換などをしながら?

そうですね。同じヘアサロンコミュニティの皆さんとZoomで会議をしながら、それぞれが行っている対策を共有して試行錯誤しています。

―― それでは、最後になりますが今回の件を受けての今後の取組みや感じたことを教えてください。

私は、今回のコロナでそこまでザワザワした気持ちはなくて、時代の流れが変わる時に直面したのだなと思っています。こういう状況にならなければわからなかったこと、変わらなかったこともあるので、この流れに逆らうよりも流れに身を任せて今できることを今やるだけ。 終わったら少しずつだけど必ず前に進めるはず、自分のやりたいことに向かって進んでいる途中段階だと思って捉えています。
それに、こんな時だからこそポジティブな発信をしたいので、これからも機会があれば地域やサロン規模によって異なるリアルな声をお届けしていきたいです!

※香川県は県内に対して2020年5月7日に休業要請を解除

取材協力店紹介

『ROSSO』

【住所】香川県高松市小村町115-1 101 (10号バイパス沿い)
【営業時間】(火~木)9:00~18:30 (金)13:00~22:00 (土・日)9:00~18:00
【定休日】毎週月曜日・第3火曜日
【URL】https://rosso-hair.net/

『Sofia』

【住所】香川県高松市出作町280-8
【営業時間】9:00~18:30
【定休日】毎週月曜日・第3火曜日
【URL】https://sofia-salon.com/

≪取材実施日:2020年5月1日(金)≫


通常営業時では後回しにしがちな大切なこと…
“今こんな状況だからこそしておくべきこと”を、Bionlyを使って見直してみませんか?

一ヵ月無料トライアルはこちら

【関連記事】
サロンインタビュー記事一覧
Bionly機能の活用方法まとめ
行政・自治体による支援情報まとめ