【アンケートで分析】サロンで行う効果的なヘッドスパ提供方法は?

サロンで働く中「他のサロンはどうしてるんだろう?」と、ふと気になることはありませんか?

そんな疑問を解決すべく、Bionlyでは美容サロン様に毎月様々なテーマに沿ったアンケートを実施し、サロンの傾向やどのようなサービスを行っているか等を集計してご紹介しております。

第二回目は「ヘッドスパメニュー」をテーマに調査いたしました。

サロンで行うヘッドスパとは

コロナ禍で自粛生活を続ける中、久しぶりに来店したお客様が「せっかくだからヘッドスパもお願いしたい」とオーダーされるケースが増えてきているとのこと。

アンケート結果からもわかるように、来店される9割以上のお客様が疲労回復やストレス解消といったリフレッシュ効果や、リフトアップ、美髪、コリほぐしといった美容、健康面での効果などを期待されています。
実際のサロンスタッフの声にも「癒しの空間を整えリラックスしてもらいながら効果を出せるよう工夫をしている」といったお話が多く、「リフレッシュをしながらその他の効果も実感できる」ことがヘッドスパメニューを提供する上で重要のようです。

では、期待されている効果を発揮するヘッドスパはどのようなものなのでしょうか?調査結果から探っていきましょう!

1.サロンで扱うヘッドスパの分類は?


圧倒的な取り扱い数を誇るのは毛穴や皮膚の汚れをしっかり落とせるクレンジングスパでしたが、多くのサロンで様々なお客様の期待に応えられるよう、複数のヘッドスパメニューを用意していることがわかりました。
また、水素スパやその他育毛スパ、幹細胞スパなどを導入していたり、柔道整復師やエステシモの講習を受けている等、独自の技術や専門的なヘッドスパメニューを取り扱う店舗も。
こういったケースはある悩みに特化したお客様の心をしっかり掴み、リピートに繋げることができそうですね。

2.ヘッドスパの施術環境



ヘッドスパを行う場所はサロンによりかなり異なることがわかりました。
また、施術時間については16分~30分が7割弱と圧倒的で、短時間、長時間のメニューを併用して取り揃えているサロンが多いようです。
ヘッドスパ専門店では131分以上の施術等、長時間メニューを提供している傾向があります。

ヘッドスパメニューの掲載方法

多くのサロンで行っているヘッドスパメニューでも、その種類や施術内容は様々。
では、皆様それをどのようにホームページ等に掲載しているのでしょうか?今回は3つのポイントに分けて調査いたしました。

1.ヘッドスパメニューの種類は?


アンケートに答えてくださった全てのサロンで、ヘッドスパメニュー数は10種類以下に絞った上で提供しているようです。

2.新規顧客向けのクーポン・メニュー


まだ来店したことがないお客様に向けてお試し用のクーポンやメニューを設けているサロンは、約半数程度であることがわかりました。

3.ヘッドスパメニューの時間表記

ホームページ等に記載しているメニュー時間はサロンにより異なり、約6割がカウンセリング時間を含めずに施術時間のみの表記をしているようです。
中には短い時間でメニューを設定し、一先ず予約を取りやすいようにといった工夫をされていたり、メニュー時間に関しては「※施術時間のみ」「※カウンセリングも含む」といった注意書きを設けているサロンもありました。

お客様が好みや状態に合わせて選べるようにより詳細な選択肢を用意するのか、内容をシンプルにして気軽にオーダーできるようにするのか、取り扱い数に合わせてお勧めする方法を変えることで、より選択しやすいメニュー表やクーポンを作成することができるかもしれません。
そして作成の際は、お客様との認識違いがないように、事前に施術時間の注意書きを行うことも大事ですね!


まとめ

日頃の疲れを癒し、美容や健康の効果を得るために人気を博すヘッドスパについてや、その提供方法、掲載方法の傾向が見えてきました。ご自身のサロンに最もマッチするやり方はどのようなものでしょうか?ぜひアンケート結果を参考に振り返ってみてくださいね。

調査期間:2020/7/6(月)~2020/7/20(月)
回答者数:50人

【関連記事】
【アンケートで分析】紙or電子、サロンと相性がいい書籍の提供方法はどっち?
サロンの強みを生かす
【美容室・サロン向け】ポータルサイトを使わずにWEB上で新規集客する5つの方法