【北海道】美容サロンが利用可能な助成金・融資等の支援情報まとめ

新型コロナウイルス感染拡大において、美容サロン(美容室・ネイルサロン・エステサロン・まつエクサロンなど)が利用できる助成金・融資等の都道府県別支援情報をお届けします。

今回は北海道の支援情報をまとめました。
(※2020年5月12日時点の情報となります)
(※対象業種は各施策によって異なります。詳細は行政の案内ページよりご確認ください)

休業協力・感染リスク低減支援金

【要件】
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、北海道からの休業等の要請に協力し感染リスクを低減する自主的な取組を行う事業者に対し、支援金を支給。
【対象】
①2020年4月25日~2020年5月15日までの期間、休業要請を受けた施設を休業した事業者
②感染リスクを低減する自主的な取組を行うこと
【給付額】
最大30万円
【受付期間】
2020年4月30日~2020年7月31日まで
【詳細ページ】
「休業協力・感染リスク低減支援金」について

新型コロナウイルス感染症対応資金

【対象】
危機関連保証、セーフティネット保証4号または5号のいずれかの認定を受けた中小企業者等
【融資限度額】
3,000万円以内
【融資利率】
5年以内:年1.0%、10年以内:年1.2%
【保証料率】
①個人事業主(事業性のあるフリーランスを含む)
→当初3年間分実質無利子、融資期間中の保証料は国と道が負担
②中小企業者
・売上減少15%以上→当初3年間分実質無利子、融資期間中の保証料は国と道が負担
・売上減少5%以上15%未満→融資期間中の保証料半分は国と道が負担
【受付期間】
2020年5月1日から2021年1月31日まで
【詳細ページ】
「新型コロナウイルス感染症対応資金」のごあんない

新型コロナウイルス感染症緊急貸付(短期資金)及び信用保証料補助

【対象】
最近1か月の売上高等が、前年又は前々年の同月を比べ5%以上減少している中小企業者等
【融資限度額】
8,000万円以内
【融資利率】
1.0%
【保証料率】
すべて信用保証協会の保証付き(道が契約時の保証料を1/3又は全額補助)
【受付期間】
2020年4月1日から2020年9月30日まで
【詳細ページ】
新型コロナウイルス感染症緊急貸付(短期資金)及び信用保証料補助のごあんない

新型コロナウイルス感染症対策小規模事業者緊急支援事業補助金

【概要】
新型コロナウイルス感染症により大きな影響を受けた事業者に対し、早期の事業再建や持続的発展を目的に、国の小規模事業者持続化補助金<一般型>と連動し、販路開拓等の取組を支援する「新型コロナウイルス感染症対策小規模事業者緊急支援事業」を実施。
この取り組みは、国補助金の対象事業のうち新型コロナウイルス感染症加点を希望した補助事業者に対し、北海道が更に1/12を上乗せ補助することで、自己負担額を1/3から1/4に軽減するものとなっている。
【道補助金の補助対象事業者・補助対象経費】

●補助対象者は、国の「小規模事業者持続化補助金」に採択された方のうち、新型コロナウイルス感染 症加点の付与を希望した小規模事業者。
●補助対象経費は、国の「小規模事業者持続化補助金」で交付決定を受けた下記の経費。
1.機械装置等費、2.広報費、3.展示会等出展費、4.旅費、5.開発費、6.資料購入費、7.雑役務費、8.借料、9.専門家謝金、10.専門家旅費、11.設備処分費、12.委託費、13.外注費
【受付期間】
申請は今年度内8回に分けて受付。国の補助金が確定次第、各回の締切日に合わせて申請してください。
●第1回:2020年7月22~31日
●第2回:8月24日~31日
●第3回:9月23日~30日
●第4回:10月23日~30日
●第5回:11月24日~30日
●第6回:12月21日~28日
●第7回:2021年1月22日~29日
●第8回:2月19日~26日 ※最終
【詳細ページ】
新型コロナウイルス感染症対策小規模事業者緊急支援事業補助金のご案内

市区町村別の支援情報はこちら

北海道のサロン様向け

北海道の補助金・助成金・融資情報) | 新型コロナウィルス関連情報 | J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

都道府県別の補助金・助成金・融資情報

都道府県および市区町村別で新型コロナウィルス関連の情報(リンク先)が掲載されています。
J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

自治体に関わらず利用できる助成金・補助金はこちら

サロン事業者に役立つ助成金と補助金— Bionly Blog

新型コロナ関連以外の給付金

日本全国・全自治体の給付金情報ポータルサイト「わたしの給付金」


今回のような避けられない緊急事態の場合は、情報収集をしっかりと行い的確な支援を受けることがサロン経営では重要になってきます。

今後も、新たな情報が発表され次第こちらのページにてお伝えしていきます。