カラー剤のチューブが、ゴミから車いすに!?理美容室だからこそできる、社会貢献。

本日もご覧いただきありがとうございます。

Bionlyカスタマーサポートです。

サロンで捨てられているアレがまさかの〇〇に!

今回は、

以前にもBionlyのFacebookでご紹介したことがあるのですが、

『アレが〇〇になる活動」ついてご紹介致します。

 

ヘアサロンで普段何気なく捨てられている使用済みの
『空のカラーチューブ』
ゴミになるだけのものを集め、そこに使われているアルミを車椅子に変えて寄付するという活動を

ご存知ですか?

 

空のカラーチューブ約150kgで車椅子1台分になるそうです。
一本大体5gとすると3万本位で寄付が可能との事。

 

美容は、お客様を綺麗にして幸せになっていただく仕事。
そして、普段捨てていたものから広がって、
更に幸せになる方が増えるというのは、本当に素晴らしいです!

空のカラーチューブを150kg集めるのは、
多くのサロン様のご協力が必要です。

 

現在では、全国各地でこのような活動をされているサロン様や団体が増えているようですが、

ご興味のある方は、こちらを覗いてみてくださいね。
http://bbrecycle.jimdo.com/