【美容室・サロン向け】POSレジの選び方とは?

美容室・サロンにPOSレジを導入しようと考えたとき、どんな視点で、何を基準に選べばいいのか、また自分のサロンにはどんなPOSシステムが合うのだろうかと迷ってしまいますよね。
「POS」とよく言葉にしますが、そもそもPOSがどんな役割を果たしているのか、今どきのPOSレジとはどういうものを指すのかについてついてまとめていきたいと思います。

そもそもPOSレジとは

POSレジの「POS」とは、「point of sales」の頭文字を取ったもので、日本語では「販売時点情報管理」と訳されています。
「レジ」は、そのまま「キャッシュレジスター」のことを指しており、日本語では「金銭登録機」と訳されています。
つまり、「POSレジシステム」とは、お客様と金銭の授受をした時点での販売情報を管理するレジシステムということです。
店舗での売上金額を計算・記録したり、不正を防ぐ目的でつくられたレジは、手動からシステムとなり、今ではクラウドとも連携しながらPCやタブレットで利用できるように進化しました。
美容室・サロン向けのPOSレジでは、売上・集計に加え、顧客管理や予約管理機能をも備えた複合的POSレジシステムに進化しています。
登録した顧客情報やカード決済サービスなどと繋がったPOSレジシステムは、情報を蓄積することで、売上集計や分析結果を自動的に表示します。それを活用すればサロンの経営状況を客観的に分析し、売上改善を図るための道筋を探る材料も得やすくなります。

POSレジを導入するメリット

金銭のやりとりだけなら、簡易的なレジや電卓や金庫があれば事足りるかもしれません。
コンピューターやインターネットを中心とするネットワークが発達した現在、様々な情報を複合させることで、その価値を活かし高めることができます。
一般的にPOSレジは、例えば、いつ、だれが、どのメニューを、いくらで売り上げたかということを正確に記録し確認できます。
また、購買者の性別や年代、来店人数等を集計したり分析に活用できます。
サロンであれば、単価や施術内容、店販、来店周期、来店動機、予約方法などが管理できると便利ですね。
手打ちでは、入力に時間がかかったり、金額の打ち間違いが起こることもありますが、システム化されたものであれば、予めメニュー登録をしておけば選択するだけだったり、操作もシンプルなので、誤操作を防ぎやすくなっています。このような多くの情報をまとめて管理できるシステムとしては、PCやタブレットを利用したものがあります。
PCやシステム構築型のPOSシステムだと設置場所を選ばざるを得ませんが、最新のタブレット型のPOSレジは、場所を選ばずipadなどのタブレットにアプリをインストールするだけでPOSレジシステムとしての機能を利用することができますので、お客様にはレジに移動していただくことなく会計を済ませることができます。
そしてお客様の支払い方法もキャッシュレス化が進んでいますが、クレジットカードをはじめ、交通系ICカードや電子マネーなどでの決済にも対応が広がり、サロンにとってもお客様にとってもスマートな会計ができるようになってきています。

美容室・サロンに合ったPOSレジとは

POSレジシステムは、飲食業界から定着し広がりをみせてきたものですが、美容室に合ったPOSレジシステムとはどのような基準で選べば良いでしょうか。
まず、直接予約やWeb予約、ポータルサイトを利用した予約等、美容室では様々な予約の窓口をつくっていらっしゃるサロンも多いと思います。
予約変更にも対応しているとアナログな予約管理ではミスを引き起こす可能性が増します。予約がバッティングしてしまうとお客様もお待たせしてしまいますし、スタッフ自身も大変なことになってしまいますよね。
これをシステム化することで、お客様は24時間365日、Web予約なら自動的に空いている枠に予約を入れることができます。
また、スタッフが直接予約を入れるときも、既存のお客様なら顧客検索も簡単、さらに予約変更も時間をかけずにできます。
これだけでも、受付業務の負担がかなり軽減されることでしょう。

次に、美容サロンにとって重要なのは、顧客情報をきちんと管理することです。
飲食業界では、1人1人のお客様の情報を蓄積し把握しておく必要はほとんどありませんが、美容室では、一対一での接客になりますので顧客情報をいかに蓄積し活用できるかがポイントになります。
顧客管理や顧客カルテをつくるときにも最新のPOSレジシステムは活躍します。
顧客情報を探し出す他、カルテへの記録なら、顧客の基本情報登録、施術前後の写真を記録する、当日の施術内容詳細、顧客との会話、その他メモを残したり、書き直すのも楽にできます。
毎回のカルテをきちんと記録し来店毎に見返すことで、顧客に合わせた接客が蓄積され、顧客満足度アップや単価アップにも繋げることができます。

タブレットで持ち歩きでき扱いやすく進化したPOSレジシステムを導入するなら、会計機能に加え、予約管理機能、顧客管理機能は必須ですね。

美容室・サロン向けPOSレジの選び方

導入にあたり、考えなければならないことは「機能」です。
実際お客様の対応をするとき、会計するときなど、サロンのオペレーションをイメージしながら、自分のサロンに必要な動きで楽にしたいことをリストアップしてみましょう。

  • カルテに写真を残したい
  • 来店履歴を一覧で見たい
  • チケット管理をしたい
  • クレジットカードと連携させたい
  • WEB予約サイトが欲しい
  • ポータルサイトと予約を連動させたい

など

サロンの規模やスタッフの人数、お客様への接客方法の方針、メニューの作り方で、必要な機能は違います。
新しいシステムを導入したとき、よく聞かれるのが、「スタッフへの落とし込みが大変でした」ということです。
自店に合った機能を備えたシステムを導入すれば、自分以外のスタッフにも必要性を理解してもらえそうですね。

システムを導入するには費用も掛かります。
初期費用、月額利用料金または購入費、オプション費用、メンテナンス費用、端末費用があります。また契約期間も確認しましょう。
これはそれぞれのサービス提供会社によって異なりますので、確認が必要です。
最近増えているのは、初期費用をかけず、月額費用を支払うケースです。開業したてのサロンにとっては、最初から大きな費用が掛かからず利用できるので導入しやすいですね。

まとめ

POSレジを導入するのは、サロンの運営、オペレーションを楽にするためのものです。
作業を自動化することで手間をカットでき、余裕ができた時間でお客様により質の高い接客や技術を提供できたり、スタッフ教育の時間に使えます。
そのために、とにかく高機能なものを選ぶのは手っ取り早いかもしれませんが、それでオプション費用としてコストが増加したり使いこなせなければ意味がありません。
現状、自分のサロンにとって必要な機能、あったらいいなという機能、無くても良い機能を見極め、選んでみてください。
POSレジもスタッフ一人分と考え、長く付き合っていく選び方、使い方をしてくださいね。