【美容室・サロン向け】ポータルサイトを使わずにWEB上で新規集客する5つの方法

みなさん、店舗の集客はどうされていますか。
ポータルサイトの利用、SNSの活用、チラシなど色々手段があると思います。
今回は、Googleのサービスが主に関わる集客手法について紹介します。
「WEBで集客したいけど、どんな手法があるのかわからない。」という方が記事の対象になります。

SEO対策

SEO対策とは


SEO対策とは、自サイトの検索結果の順位を上げていくために、自サイトを良いコンテンツにしていこうという施策です。
美容室またはサロンを経営されている場合、エリアと美容室またはサロンの掛け合わせのキーワードで上位掲載ができると質の良いユーザーの集客が見込めます。

メリット

上位掲載は、自サイトへの訪問が増える

広告とは違うため、長い期間上位に掲載されれば、安定した集客を実現することができ、広告より費用対効果が高いチャネルになります。

上位掲載は、ブランディング効果につながる

例えば、「地域名 美容室」と検索して、1ページ目に表示されたサロンは、ユーザーに人気のお店かもという印象を与えます。
これが多くのユーザーに継続的に見られれば、ブランディング効果につながります。

MEO対策

MEO対策とは

MEOとは、Googleマップに表示されるお店の掲載順位を上げていくための施策です。
美容室やサロンを含む実店舗を展開する業種において、MEO対策は欠かせないものになってきています。
MEO対策を始めるには、Googleマイビジネスのアカウント作成が必要です。

美容室・サロンの集客に役立つGoogleマイビジネスとは?

2019.05.10

メリット

GoogleMapだけではなく、検索結果にも表示

MEOの表示画面は検索結果の上位に出やすいため、ユーザーに見られやすく、集客につながります。

検索連動型広告

検索連動型広告とは

GoogleまたはYahooなどで検索をしたときに表示される広告のことで、広告がクリックされるたびに費用が発生します。
SEO対策は時間がかかる施策ですが、検索連動型広告はすぐに開始できるため、集客対策をすぐにしたい方にはおすすめです。

メリット

キーワードごとに広告を出稿できる

指定したキーワードに対して、広告を出稿できます。
成果のあるキーワードだけ出稿することで、費用対効果を良くすることができます。

広告を配信する地域を限定することができる

GoogleやYahooでは、指定した地域のみに広告を出稿することが可能です。
そのため、確度の高いユーザーのみに配信を行えます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは

アメブロやはてなブログなどの無料版のサービスを使用していると広告が表示されたり、アプリを使っていて広告が出た経験はありませんか。
それがディスプレイ広告です。
簡単にいえば、サイトやアプリ上に表示される広告のことで、色々なターゲティング手法で広告を配信することができます。

メリット

自サイトに一度訪問したユーザーにアプローチできる。

一度自サイトに訪問したが、問い合わせや予約につながらなかった人に広告を配信することができます。
例えば、Google広告の場合、リマーケティングタグというのを設置し、自サイトに訪問したリストを作成する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はGoogleのサービスを軸にした集客手法を簡単に紹介しましたが、
広告の運用は難しい場合、広告代理店などを使って運用代行を依頼することもできますので、是非検討してみてください。